佐賀県庁

 九州新幹線長崎ルート新鳥栖-武雄温泉間の整備方式を巡り、長崎県地域振興部の浦真樹部長らが4日、佐賀県庁を訪れ、南里隆地域交流部長らと意見交換した。長崎側から両知事の面談について提案があったが、佐賀側は「新しい話があればいつでも受けるが、同じ話ならば時間を取ることもない」と返答した。

 意見交換は長崎からの求めに佐賀が応じた。長崎ルートに関する両県の担当課長も同席し、約1時間に及んだ。

 終了後、取材に応じた南里部長によると、国土交通省から佐賀県に提案された複数の整備方式に対応する環境影響評価(アセスメント)に関し、長崎側が「腰を据えて幅広い協議をできる案だ」と評価したのに対し、佐賀側は「合意していないフル規格などの事業実施が前提のアセスに同意するのはあり得ない」との見解を改めて示した。

 整備方式に関し、長崎側は「新大阪直通という目的のためのフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)だった」としてFGTが導入できない以上、フル規格で整備すべきと主張した。一方、佐賀側は「新大阪直通は目的ではなく、新鳥栖-武雄温泉間は在来線の利用が大前提だ。フル規格は課題が多く、受け入れられない」と強調した。(栗林賢)

このエントリーをはてなブックマークに追加