環境アセスの提案を佐賀県が受け入れなかったことについて「趣旨が理解されず大変残念」と述べた赤羽国交相=東京・霞が関の国交省

 九州新幹線長崎ルート新鳥栖-武雄温泉間の整備方式見直しに関し、赤羽一嘉国土交通相は4日の閣議後会見で、佐賀県が環境影響評価(アセスメント)の提案を拒否したことについて「趣旨が理解されず残念」と述べた。「全国の新幹線ネットワークをつなぐことが重要」とも述べ、県との協議を継続する姿勢も示した。

 国交省は、全ての整備方式に対応する複数アセスの提案に関し、7月31日に県に意向を確認し、県は提案に同意しない考えを改めて伝えた。この回答を受け、国交省は新鳥栖-武雄温泉間の「2023年度末までの着工は困難」との認識を示した。

 赤羽氏は「佐賀県が求める腰を据えた協議が可能となる案で、県にもメリットがある。趣旨が理解されず大変残念」と述べた。その上で「国交省としては、全国の新幹線ネットワークをつなぐことが地方創生、防災減災の観点からも重要と考えている。九州、西日本地域の未来にとって、どのような整備のあり方が望ましいか、しっかり議論を進めたい」と話した。(山口貴由)

このエントリーをはてなブックマークに追加