■ACL引き寄せる1勝 激闘を終えた鳥栖イレブンは満身創痍(そうい)だった。前節から先発4人が入れ替わりながらも、球際に激しく、攻守の切り替えの早い“鳥栖のサッカー”を出し切り、鹿島を完封。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加