剣舞「葉隠四誓願」を演じる県高校文化連盟吟詠剣詩舞専門部チーム=佐賀市文化会館

吟詠剣詩舞部門に出場する県高校文化連盟吟詠剣詩舞専門部チームのメンバー=佐賀市文化会館

 りりしいはかま姿や華やかな着物姿で披露する吟詠と舞が、見る者の心をつかむ。日本の伝統芸能の一つ吟詠剣詩舞(ぎんえいけんしぶ)部門に出場する佐賀県高校文化連盟吟詠剣詩舞専門部チームは致遠館高吟詠剣詩舞同好会の7人と龍谷高3年の宿利芽生(しゅくり・めい)さんで構成。佐賀にまつわる剣舞など六つの演目を動画で公開している。

 最も力を入れて取り組んだのは、8人全員で演じる剣舞「葉隠四誓願」。宿利さんが吟じ、他の7人が華麗に剣を操り空を舞うアクティブな演目で、観客に新鮮な驚きを与える。

 昨年11月は東京・両国国技館で行われた全国吟剣詩舞道大会、同12月には京都で開かれた全国高校生伝統文化フェスティバルに招かれて大舞台に立った。

 致遠館高3年でキャプテンの那須海音(かのん)さんは「『私たちにもできる』と実感して、私たちは変わった」と京都での舞台を振り返る。

 観客の女性が楽屋を訪ねてきて「思いが伝わった」と涙を見せた。メンバーは自分たちの演技が人の心を動かしたことに感激。今まで以上に、人の目に焼き付き、詩に込められた思いが伝わる演技を追求するようになったという。

 那須さんは「詩や振り付けの作者は、私たちが会えない先人。でもその思いを想像しながら演技していると、舞台の上で昔の人たちと対話している気持ちになる」と、高校最後の舞台をかみしめる。(花木芙美)

   ◇    ◇

 第44回全国高校総合文化祭(2020こうち総文)が開幕した。新型コロナウイルスの影響でインターネットでの開催となった高校文化部の祭典に、県代表として作品や動画を発表する生徒らを紹介する。

 

吟詠剣詩舞

 漢詩や和歌に節をつけて歌う吟詠、吟詠に合わせて剣を用いて舞う剣舞、扇を使って舞う詩舞を総称した日本の伝統芸能。詩舞と剣舞は勇壮さや、目線、指先の繊細な動きが見どころ。

このエントリーをはてなブックマークに追加