優勝候補の一角・唐津商は、投手陣が龍谷打線につかまって9失点を喫し、決勝を前に涙をのんだ。 初回に2点を先制するなど序盤は主導権を握ったが、三回に先発・川野修生が龍谷打線に5安打を浴びて4失点。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加