山口祥義知事を表敬訪問した高校生平和大使の川﨑花笑さん(右)=県庁

県庁で会見し、高校生平和大使への意気込みを語る川﨑花笑さん(右)=県庁

山口祥義知事を表敬訪問した高校生平和大使の川﨑花笑さん(左)=県庁

 核兵器廃絶と世界平和を訴える「第23代高校生平和大使」に選ばれた鹿島高2年の川﨑花笑(はなえ)さん(16)=白石町=が3日、佐賀県庁で会見した。「被爆3世だからこそできることがある。平和を求める人の声を世界に届けたい」と決意を語った。

 川﨑さんの祖母は生後8カ月の時、長崎市内の自宅で被爆した。その後、親戚がいる佐賀県に移り住んだという。「戦争がなければ、私は生まれてなかったという複雑な思いがある」と川﨑さん。その祖母の勧めで平和大使に応募した。

 大使の役割について「被爆国である日本の未来を担う高校生が務めることに、意味があると思う」とした上で、「任期は1年だが、この経験を一生語り継いでいきたい」と意気込んだ。

 例年は核廃絶のために街頭で募った署名を、スイス・ジュネーブの国連欧州本部に届ける。しかし今年は新型コロナウイルスの影響で実施が難しくなっている。川﨑さんは「他県の大使と協力し、SNSを使った発信などインターネット上での活動に取り組みたい」と話した。

 また県庁では山口祥義知事を表敬訪問し、「世界中の人がどうしたら分かり合えるかを考えて」と激励を受けた。(藤本拓希)

このエントリーをはてなブックマークに追加