二走がホームを踏むと、選手たちは一斉に駆け寄って喜びを分かち合った。敬徳は最大3点を追う苦しい展開をはね返し、延長十回に劇的なサヨナラ勝ち。夏の大会で20年ぶりの決勝進出を決めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加