敬徳が終盤に粘りを発揮。延長十回の熱戦を制し、6-5で早稲田佐賀にサヨナラ勝ちした。

 敬徳は3点を追う七回、2死満塁から1番太田が2点適時打を放って1点差。八回には6番中西の適時打などで追い付き、延長十回2死一、二塁から2番久保川が右中間にサヨナラ打を放った。

 早稲田佐賀は7番田中の適時打などで一時は4-1とリードを奪ったが、終盤に投手陣がつかまった。

このエントリーをはてなブックマークに追加