オープンスクールで、学校のシンボル「カリヨンの鐘」を紹介する放送部3年の福永凜奈さん(右)と西村愛菜さん=佐賀市の致遠館中

 佐賀市兵庫北の致遠館中で1日、学校生活や教育内容を紹介するオープンスクールが開かれた。生徒による部活や行事の紹介、中高の授業体験や校内案内があり、県内の児童と保護者ら約760人が説明に聞き入った。

 放送部3年の福永凜奈さんと西村愛菜さんは、同校のシンボル「カリヨンの鐘」を英語と日本語で紹介し、参加者から拍手を浴びた。生徒会3年の枝吉瑚斉(こうせい)会長と塩見文梨(あやり)副会長は、スライドを使って同校の一日のスケジュールや年間行事を紹介した。枝吉会長は「新入生宿泊研修で、2泊3日が終わると友達がたくさんできていた」と体験談で児童を励ました。

 熱心に話に耳を傾けた6年生の男子児童は、「入学したら放送部に入りたい。発表は上手だった」と話していた。同校の出願期間は12月1日から同3日、来年1月16日に入学者選抜(入試)を実施する。(花木芙美)

このエントリーをはてなブックマークに追加