全勝対決となった剣道女子団体決勝リーグ。白石との息詰まる接戦を制した三瀬が4年連続で栄冠をつかんだ。主将の福岡千紘は「全国を目標に、どこよりも練習をしてきた自負があった」と充実感に満ちた表情で話した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加