航空大手2社の20年4~6月期連結決算

 記者会見する日本航空の菊山英樹専務執行役員=3日午後、東京都内

 日本航空が3日発表した2020年4~6月期連結決算は、純損益が937億円の赤字(前年同期は129億円の黒字)に転落した。今回から国際会計基準(IFRS)を採用したが、単純に比較すると、四半期ベースの赤字幅は経営破綻直前の09年4~6月期の990億円(日本基準)に匹敵する規模。ANAホールディングスに続き巨額の赤字決算となった。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、旅客数が大幅に落ち込んだ。売上高は前年同期(IFRS換算)比78・1%減の763億円だった。旅客数は国際線が98・6%減、国内線が86・7%減だった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加