新型コロナウイルスの影響で打撃を受けたホテルや旅館を支援しようと、佐賀市観光協会は3日、県民を対象にした宿泊キャンペーンを始めた。会員の市内29の宿泊施設が企画した宿泊プランについて1人1泊5千円を補助する。先着100泊で締め切り、9月30日までの宿泊で利用できる。

 感染への懸念から近場での旅行の需要が高く、佐賀市が企画した市民対象の宿泊支援事業への反響が大きかったことから実施する。初日は4人家族3組と夫婦2組が、計16泊を申し込んだ。

 プランは農家民宿やコテージも企画しており、1人1泊1万円~3万5千円まで。地元食材の佐賀牛を使った料理、人間国宝の器で味わう日本酒など、各施設が趣向を凝らす。協会のホームページにプラン内容を紹介する。

 申し込み、問い合わせは同協会エスプラッツ店、電話0952(20)2200、同協会SAGAMADO店、電話0952(37)7489。(大田浩司)

 佐賀市観光協会のホープページはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加