多久市が新型コロナウイルス対策として、店舗の改修などを行った市内の事業者に50万円(一部業種を除く)を上限に支払う「新しい生活様式対策支援事業補助金」の申請受け付けが3日、始まった。約100事業者の申請を想定し、市商工会窓口で受け付け、審査をして順次交付する。

 密閉、密集、密接の「3密」を回避するための事業所や店舗の改修、間仕切りや空調設備、消毒液などの設置・購入にかかる費用を補助する。国や県の支援事業で同様の補助金を申請しているケースや、用途が広く、目的外使用になり得るパソコンや周辺機器の購入費用などは対象外になる。

 市観光連盟に加盟し、客室が10部屋以上の宿泊施設や、保有台数がそれぞれ10台以上の観光バス、タクシー事業者には、150万円を上限に支払う。

 来年2月末までの工事や設置の完了が条件で、申請は1事業者1回まで。4日の午後1時~同2時半と同3時~同4時半、先着順で各回40人を対象に、市まちづくり交流センターあいぱれっとで説明会を開く。問い合わせは市商工会、電話0952(74)2144。(谷口大輔)

このエントリーをはてなブックマークに追加