Jリーグの村井満チェアマンは2日、試合前に鳥栖に発熱者が確認されながらJ1のFC東京―鳥栖(1日・味の素スタジアム)を実施した経緯を説明し、7月31日に実施した新型コロナウイルスのPCR検査で鳥栖のエントリー選手全員が陰性だったと明かした。FC東京の求めに応じて前倒しで結果を判定し、開催に踏み切ったという。

 FC東京への通達が試合直前だったことで混乱し、試合後にFC東京の長谷川健太監督が「安心を担保できない中で試合をやらせるのは考えてもらいたい」などと訴えた。村井チェアマンは「少しでも不安を払拭(ふっしょく)できる努力をしていきたい」と話した。(共同)

このエントリーをはてなブックマークに追加