第六章 三軍暴骨(四十一)「だが、岩崎さんも、それを意識的にやっているわけではないでしょう」「もちろんです。最初は岩崎さんも事業の拡大を目指しているだけでした。しかし今は――」「ふふふ」と福沢が笑う。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加