唐津商・坂本勇人

龍谷・田中遼我

 全国高校野球選手権佐賀大会の代替大会「SSP杯県高校スポーツ大会」は3日、佐賀市のみどりの森県営球場で敬徳―早稲田佐賀、唐津商―龍谷の準決勝2試合がある。4強のうち、シード校は昨秋の佐賀大会で準優勝した唐津商のみという混戦の大会となった。各校の勝ち上がりを振り返り、準決勝を展望する。(草野杏実)

 両チームとも打線に勢いがあるだけに、投手陣の踏ん張りが鍵を握る。

唐津商 好打者ずらり

 唯一のシード校・唐津商は、打率が4強トップの3割5分4厘。3試合中2試合をコールドで制した。打率7割7分8厘を誇る3番坂本勇人を筆頭に、3回戦の鳥栖戦で本塁打を放った1番市丸紘樹ら好打者がそろう。投手は川野修生を中心に継投を視野に入れる。

龍谷 攻守にバランス

 龍谷は初戦で第3シードの佐賀工を撃破した。打率3割4分とつながりがあり、守備も無失策と攻守のバランスが取れている。佐竹凌太と田中遼我の左右二枚看板が、3試合で計6失点と好投。強打の唐津商に対し、どちらが先発のマウンドに立つかも注目が集まる。

■唐津商

  • 2回戦  9-2 唐津南(七回コールド)
  • 3回戦  8-4 鳥栖
  • 準々決勝 9-1 唐津西(七回コールド)

■龍谷

  • 2回戦  9-3 佐賀工
  • 3回戦  6-3 有田工
  • 準々決勝 7-0 佐賀西(八回コールド)
このエントリーをはてなブックマークに追加