焼きのりを贈った鹿島第一海苔部会の野田勝部会長(左)と河部庸次郎院長(右から2人目)ら=嬉野市の嬉野医療センター(提供)

 鹿島市の佐賀県有明海漁協鹿島第一海苔部会(28人)は7月30日、感染症指定医療機関の嬉野医療センター(嬉野市)に焼きのりを贈呈した。

 新型コロナウイルス感染症に対応している医療従事者や関係者への感謝とねぎらいとして、鹿島産の初摘み焼のりを用意した。野田勝部会長(52)は河部庸次郎院長にのりを手渡し、「新型コロナ感染者が増加傾向にある中、日夜勤務する皆さんの励みになれば」とエールを送った。(森田夏穂)

このエントリーをはてなブックマークに追加