レッドソックス戦で今季初先発したヤンキース・田中=ニューヨーク(AP=共同)

 インディアンス戦に先発したツインズ・前田=ミネアポリス(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米大リーグは1日、各地で行われ、ヤンキースの田中がニューヨークでのレッドソックス戦で「軽度の脳振とう」から復帰して今季初登板に臨み、51球を投げて2回2/3を4安打2失点(自責点1)、3三振1四球で勝敗は付かなかった。チームは5―2で5連勝とした。

 田中はキャンプで同僚打者の打球を頭部に受け、負傷者リストでメジャー7年目の開幕を迎えていた。

 ツインズの前田はインディアンス戦に先発し、6回を1安打無失点、6三振1四球で開幕2連勝とした。試合は3―0。

 マリナーズの菊池はアスレチックス戦に先発し、6回を3安打無失点で勝敗が付かなかった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加