鳥栖はFC東京の堅い守備を崩して3点を奪い、今季初勝利を挙げた。

 鳥栖は前半30分、MF樋口の右サイドからのクロスがゴール前にこぼれたところを、FW石井が冷静に押し込み先制した。34分にFC東京のFWレアンドロにFKを直接決められて同点に追いつかれたが、43分、DF森下がドリブルで中央に切り込み、強烈なミドルシュートを放って勝ち越し点を奪った。

 後半、前掛かりになった相手の攻撃を、鳥栖はDF原らが体を張ってはね返した。11分、CKの流れから、最後はゴール前の浮き球をFW趙東建(チョ・ドンゴン)がボレーでたたき込み、3点目。41分に1点差に迫られたが、集中を切らさずにリードを守り切った。

このエントリーをはてなブックマークに追加