佐賀南署は1日、傷害の疑いで、自称福岡市南区高木2丁目、自営業の男(36)を逮捕した。

 逮捕容疑は5月9日午後10時半ごろ、当時交際していた佐賀市内の30代女性宅で、女性の顔を殴り、腹や背中を蹴る暴行を加え、肋骨(ろっこつ)を折るなど約3カ月のけがをさせた疑い。「暴力を振るった覚えはない」と容疑を否認している。

 南署によると、5月20日に福岡市内の福祉施設から「友人に伴われて訪れた女性が交際相手から暴力を受けていて、保護している」と110番があった。日常的な暴力があったとみて詳しく調べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加