脳トレ体操で体を動かす参加者ら=佐賀市の寄人公民館

 地域の高齢者の健康維持を目的に、佐賀市高木瀬の寄人公民館で開かれる「笑顔アップ健康教室」がにぎわっている。28日は熱中症対策の講話があり、60代から90代の男女16人が薬剤師の野村隆志さん(58)=佐賀市=の話を楽しく聞いた。

 教室はNPO職員の的野亜希子さん(32)=佐賀市=が2年前からボランティアで開いており、脳トレ体操や歌などに取り組んでいる。的野さんが空手5段の経験を生かしたストレッチの指導も行う。

 講話で野村さんは「暑い日に必要以上にマスクを着けると熱中症の危険がある」と指摘し、自宅はもちろん外でも人が近くにいない時はマスクを外すよう注意した。ほかにも毎日2リットルの水分を取る、暑い日はエアコンを使い温度計で室温を把握するなどの対策を紹介した。講話の前後にはストレッチで体を動かし、血圧測定などの健康測定も行った。

 近くで1人暮らしをする古賀やへ子さん(77)は「教室に通いだして足が強くなった。おしゃべりも楽しいし、毎回待ち遠しい」と笑顔を見せた。

 教室は第2、第4火曜日の午前10時半~11時半。参加費は200円。問い合わせは的野さん、電話080(1797)4998。

このエントリーをはてなブックマークに追加