鳥栖-FC東京 前半30分、先制ゴールを決める鳥栖FW石井快征(右)=東京都の味の素スタジアム

鳥栖-FC東京 前半43分、鳥栖DF森下龍矢がゴールを決め、2-1とする=東京都の味の素スタジアム

鳥栖-FC東京 後半11分、3点目のゴール決めて喜ぶ鳥栖FW趙東建=東京都の味の素スタジアム

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第8節の1日、東京都の味の素スタジアムでFC東京と対戦し、3-2で今季初勝利を収めた。通算成績は1勝4分け3敗(勝ち点7)。

 鳥栖は前半30分にFW石井の2試合連続ゴールで先制。39分に直接FKを決められて同点とされたが、43分にDF森下がプロ初ゴールとなるミドルシュートを決め、再びリードして折り返した。

 後半11分にはFW趙東建が3点目。41分に再び1点差に迫られたが、体を張って相手の反撃をしのぎきった。

このエントリーをはてなブックマークに追加