「現場主義」を掲げ、14日にスタートした山口県政。県内市町の首長からは、総務官僚時代の経験と実績を踏まえ、地域活性化や過疎地対策のほか、農林水産業の振興に期待した。