松浦地区青年相撲大会を9月初めから10月25日に延期することを確認した主催者会議=唐津市の佐賀新聞社唐津支社

 第73回松浦地区青年相撲大会の主催者会議が7月30日夜、唐津市で開かれ、新型コロナウイルス感染拡大を考慮し、9月6日に予定していた大会を10月25日に延期することを決めた。

 大会は唐津市相撲連盟、伊万里市相撲連盟と佐賀新聞社が主催し、唐津市体育の森公園相撲場で開いている。競技委員長の坂本清・唐津市相撲連盟理事長は「コロナ対策をしっかり取って実施し、唐津を元気にしたい」と話した。

 コロナ対策で開・閉会式を簡略化し、恒例のちゃんこ鍋の振る舞いは中止することも確認した。

 監督会議は9月27日午前9時から唐津市文化体育館で開き、団体戦、個人戦の組み合わせを決める。今後、新型コロナの状況次第では改めて開催可否を検討する。(辻村圭介)

このエントリーをはてなブックマークに追加