共産党佐賀県委員会は31日、国民民主党県連代表の原口一博衆院議員(佐賀1区)や立憲民主党幹事長代理の大串博志衆院議員(佐賀2区)、社民党などの佐賀県内組織に、次期衆院選に向けた野党協議を申し入れた。県内選挙区での野党候補の統一を目指すとしている。

 共産県委員会の今田真人委員長が事務所などを訪問し、申し入れ書を提出した。今田委員長は「8月中にも協議の場を持ちたい。解散時期は見通せないが、早く取りかかって各党の準備の時間を確保できれば」と話した。(藤本拓希)

このエントリーをはてなブックマークに追加