重水さんが落下した、解体作業中の旧唐津発電所3号機の煙突=唐津市二タ子

 31日午前9時40分ごろ、唐津市二タ子3丁目の九州電力旧唐津発電所内にある煙突の解体作業現場から「男性が転落し、意識がない」と119番があった。唐津市消防本部などによると、現場に医師が駆け付け、福岡市南区那の川1丁目、九州電力社員の男性(48)の死亡を確認した。

 唐津署などによると、男性は解体作業中だった3号機の高さ約66メートルの煙突に上がる階段を1人で上っていたところ、何らかの原因で転落。地上から6、7メートルの高さにある配管ラックに引っ掛かった。目撃者はいないという。

 九電によると、男性は腰に巻くタイプの安全帯を着けていたが、安全帯に付いた命綱を階段に装着する金具が、何らかの理由で外れたとみられる。

 男性は、本社の土木建築本部土木建築技術センター保全改革グループに所属。安全管理の監督員の一人で30、31の両日、旧発電所に出勤していた。九電は工事を一時中断し、再開時期は未定としている。九電は「原因を究明し、現場で安心して工事ができるよう、再発防止に努める」としている。

 煙突の解体工事は4月から本格的に開始。2本の煙突を年内に撤去予定で、2021年3月までの工事完了を目指している。

このエントリーをはてなブックマークに追加