チームを引っ張るトヨタ紡織九州の荒川蔵人

 8月末に開幕する第45回日本ハンドボールリーグの試合日程が発表された。トヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は29日、愛知県のウィングアリーナ刈谷でトヨタ自動車東日本と開幕戦を戦うことが決まった。ホーム初戦は9月5日、神埼市の神埼中央公園体育館で昨季優勝の大崎電気と対戦する。

 今季の男子リーグは、昨季より1チーム多い11チームが2月末まで2回戦総当たりで競う。新型コロナウイルス感染防止対策として、開催地の感染状況に応じて無観客や入場者の制限などを実施する方針。

 トヨタ紡織九州は昨季、9勝5分け13敗の7位。就任3年目の金明恵(キム・ミョンヘ)監督の下、持ち味の「堅守速攻」に磨きをかけて、10年ぶりに上位4チームによるプレーオフ進出を目指す。チームは8月上旬には強化合宿を予定、戦術の浸透を図って29日の開幕に備える。

このエントリーをはてなブックマークに追加