佐賀県の山口祥義知事(左)に鹿児島国体の2023年開催を要請する塩田康一鹿児島知事=31日午前、佐賀県庁

 新型コロナウイルスの影響で、鹿児島県での年内開催を断念した国民体育大会と全国障害者スポーツ大会を巡り、鹿児島県の塩田康一知事が31日、佐賀県の山口祥義知事を訪問した。塩田知事は佐賀県での開催が予定されている2023年を鹿児島大会とし、佐賀は1年延期して24年に開催するよう協力を要請した。

 塩田知事は「佐賀にとって大きなことだと思うが、ご検討いただきたい」と述べた。山口知事は「重く受け止めたい」と述べ、競技関係者や議会など関係者の受け止めを聞くとした。

 会談後、山口知事は記者団に「24年を念頭に調整していきたい」と述べ、8月中に方針をまとめる考えを示した。

 鹿児島大会は10月に予定されていたが、1946年の第1回大会以来、史上初となる国体本大会の延期が決定した。

 国体は21年に三重、22年に栃木での開催が「決定」で、23年の佐賀と24年の滋賀が「内定」の扱い。三重と栃木は予定通りの開催を訴え、佐賀は「最初の国スポ」を重視している。23年が鹿児島になる場合、佐賀以降の内定、内々定の開催地も1年ずつ順送りになる可能性がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加