日本サッカー協会は29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で大会方式を変更し、9月16日に開幕する第100回天皇杯全日本選手権の1~3回戦の組み合わせが決まったと発表した。来年1月1日の決勝は国立競技場での開催が決定した。

 感染リスク軽減のため、1~3回戦は地域単位で実施。5回戦までは都道府県代表とアマチュアシードのホンダFCの計48チームで争われ、Jリーグ勢はJ2、J3の優勝チームが準々決勝から出場し、J1の1位と2位チームが準決勝から登場する。

 佐賀県代表は9月16日、佐賀市のSAGAサンライズパーク陸上競技場で長崎県代表と1回戦を戦う。佐賀県代表決定戦は8月16日午前11時から同競技場で行われ、佐賀LIXILFCとEVインテルナシオナルが対戦する。

 4回戦以降の組み合わせは3回戦終了後に発表される。

このエントリーをはてなブックマークに追加