序盤に主導権を握った早稲田佐賀が北陵を七回コールドで下した。

 早稲田佐賀は二回、5四球と相手守備の乱れに乗じ、2安打で7点を先制。四回には3番武田、4番石岡の連続適時打などでさらに4点を加えた。先発横田は五回途中まで4失点で踏ん張り、水田、井上とつないだ。

 北陵は三、四、五回に得点を奪ったが、流れを引き戻せなかった。

 ▽準々決勝(みどりの森県営球場)
早稲田佐賀0704000 11
北   陵0011200 4
   (七回コールド)

このエントリーをはてなブックマークに追加