佐賀県内の2020年上半期(1~6月)の刑法犯認知件数(暫定値)は、戦後最も少なかった前年同期よりもさらに93件減って1556件となり、13年以降、7年連続で減少した。摘発人数は昨年より29人増えて541人となり、このうち70歳以上が全体の約2割を占めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加