嬉野市嬉野町の温泉旅館「吉田屋」が提供する「嬉野茶のかき氷」。うれしの茶をふんだんに使ったシロップがこだわりです。わらび餅やあんこ、白玉、練乳などをトッピング。足湯につかりながら味わったり、個室スペースで味わったりできます。680円(税別)。

 暑い日が続きます。夏の定番スイーツ「かき氷」は、SNS(会員制交流サイト)の発達もあり、味にも見栄えにもこだわったものが増えています。特産のうれしの茶で作ったシロップをたっぷりかけた一皿や、韓国や福岡で人気を集めている新感覚のものなど、佐賀県内で食べることができる、こだわりの味を紹介します。

嬉野市嬉野町の温泉旅館「吉田屋」が提供する「嬉野茶のかき氷」。うれしの茶をふんだんに使ったシロップがこだわりです。わらび餅やあんこ、白玉、練乳などをトッピング。足湯につかりながら味わったり、個室スペースで味わったりできます。680円(税別)。

 DATA

[住]嬉野市嬉野町岩屋川内甲379

[電]0954(42)0026

[営]11~22時(ラストオーダー21時半)

[休]不定休

このエントリーをはてなブックマークに追加