鹿島市の祐徳稲荷神社(鍋島朝倫宮司)で8日夜、300年以上続く歳末の伝統行事「お火たき」が行われた。大勢の参拝客が赤々と燃え上がる「御神火」を囲み、無病息災と新年の幸せを願った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加