青空の下、咲き誇るヒマワリ=佐賀市のひょうたん島公園近く

 福岡管区気象台は30日、佐賀県を含む九州北部地方が梅雨明けしたとみられると発表した。九州北部の梅雨明けは平年より11日、前年より5日遅く、1951年の統計開始以降、5番目に遅い。

 佐賀地方気象台によると、梅雨入りした6月11日から7月29日までの総雨量は、鳥栖が1839・0ミリと観測を始めた2010年以降最多を記録し、県内9観測地点の中でも最も多かった。嬉野は1685・5ミリ、伊万里は1662・5ミリでいずれも平年値の2倍を超えた。

 気象台は、31日以降の1週間は高気圧に覆われておおむね晴れる見込みで、最高気温が34~35度になると予想しており、熱中症など健康管理に注意するよう呼び掛けている。

このエントリーをはてなブックマークに追加