河川清掃「川を愛する週間」について意見を交わした佐賀市水対策市民会議=市役所

 佐賀市や自治会長らでつくる市水対策市民会議(川上義幸委員長)は28日、市民参加型の河川清掃「川を愛する週間」を9~10月に実施することを申し合わせた。新型コロナウイルスの感染予防策を取った上で取り組む。

 新型コロナの影響で、春の河川清掃は中止か延期となった。どちらを選ぶか、自治会に判断を委ねる形になった市の対応に委員から批判の声が上がっていた。

 市は、秋の河川清掃については密集などの「3密」対策を取った上で実施する方針を示した。委員は自治会への協力文の内容について審議し、市の方針を明確に書き込むよう助言した。自治会長からは「秋も中止になれば川の汚れが大変なことになる」などの意見が出ていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加