中冨博隆氏

 久光製薬は29日、中冨博隆会長(83)が28日付で辞任し、代表権のない名誉会長になったと発表した。45年余り務めた取締役からも退いた。同社は辞任理由を「体調不良による本人の意向」と説明している。

 中冨氏は1966年に入社。75年に取締役となり、常務を経て81年から34年間社長を務めた。医療用医薬品分野に本格的に進出し、鎮痛消炎貼付剤「モーラステープ」を投入。2002年から15年連続で増収を重ねるなど会社を大きく飛躍させた。

 15年に代表権のある会長に就任。薬事分野での功績が評価され、19年に旭日小綬章を受けた。日本製薬工業協会理事、日本家庭薬協会副会長、佐賀県製薬協会会長などを務めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加