佐賀市教委は8日、佐賀城西堀(佐賀市城内)の発掘調査で、約200年前の石垣築造当初、地盤沈下を防ぐために使った胴木を確認したと発表した。当時の基礎工事の構造が分かる貴重な資料という。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加