鳥栖市の臨時議会は29日、新型コロナウイルス感染症の追加対策費など6億7277万5千円の一般会計補正予算案を可決し、閉会した。

 主な事業は、サガン鳥栖、久光スプリングスのホームゲームに市広告物を掲示し、施設使用料を一部減免するプロスポーツチーム支援に計5600万円、休校時のオンライン授業を可能にするタブレット型端末購入費(約1700台)と通信費などに1億2718万7千円。

このエントリーをはてなブックマークに追加