秀島敏行佐賀市長(右)に目録を渡す明治安田生命保険佐賀支社の宮井博章支社長=佐賀市役所

 明治安田生命保険佐賀支社(宮井博章支社長)が28日、新型コロナウイルス対策に役立ててもらおうと、佐賀市に41万2900円を寄付した。

 寄付は明治安田生命が本年度から始めたプロジェクトの一環として実施。従業員が地域の団体から募金を募り、会社からの寄付を上乗せした。佐賀支社では今回の分を含め、計9団体に約400万円を寄付する。

 宮井支社長は「コロナの第2波も懸念される中、地域貢献できれば」と話し、秀島敏行市長は「配慮いただき感謝している。貴重な財源として活用したい」と述べた。

 浄財は、災害時の避難所での新型コロナ対策費として活用するという。

このエントリーをはてなブックマークに追加