中国や韓国、フィンランドなどから訪れている佐賀大の短期(1年)留学生50人が6日、吉野ケ里町の「背振山修学院」(埜口諦順住職)などで座禅やミニ門松作りに取り組んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加