佐賀市の附属小の5年生50人が7日、多久市東多久町納所の畑でミカンの収穫を体験した。オレンジ色に熟したミカンを丁寧にちぎり、収穫の喜びを味わった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加