雨の中の投球に苦しむエースを、頼もしい打線が援護した。龍谷は点を奪われても直後に取り返し、有田工に主導権を渡さなかった。徳山誠一朗監督は「打線がしっかり役割を果たしてくれた」とうなずいた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加