佐賀県内在住の女子高校生の裸の画像を撮影し、みだらな行為をしたとして、佐賀県警は28日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)や福岡、熊本県の条例違反容疑で、大阪府堺市の自称無職の男(43)を逮捕した。

 逮捕容疑は女子生徒が18歳未満と知りながら、3月5日、4月2日に福岡県のホテルで裸の画像を撮影してみだらな行為をし、3月27日にも熊本県のホテルでみだらな行為をした疑い。

 佐賀県警人身安全・少年課によると、男と生徒はインターネットサイトで知り合ったという。4月中旬に生徒の母親から「娘が家出した」という相談を受け、捜索していたところ、県内に男と生徒が一緒にいた。

このエントリーをはてなブックマークに追加