大会目指して練習に励む放送部員=清和高校

大会目指して練習に励む放送部員=佐賀清和高校

 休校期間中に顧問の先生から、私たち放送部の一番の目標であるNHK杯放送コンテストが中止になったと連絡を受けました。NHK杯を目指して練習してきたので、頭が真っ白になりました。

 ただ、代替大会は必ず開かれると言われ、戸惑いもありましたが練習を続けました。放送部員のために頑張ってくださっている先生方のために、私たちも頑張ろうと思いました。大会が開かれるかどうかも分からない中での練習には不安もありました。それでも部員たちの力で乗り越えることができました。

 7月12日、無事に代替大会「佐賀県高校放送コンテスト」が開かれました。部門が絞られ、読みもメディア発表と会場発表が混在するという、これまでとは違った形でしたが、全ての部門において清和らしく戦うことができたと思います。部員全員が実力を発揮できたことが総合優勝につながりました。

 大会前は、部長としてのプレッシャーを感じることもありましたが、真剣に練習に取り組んでいる部員を見て、このメンバーなら大丈夫だと感じました。念願の23連覇を果たすことができ、自信がつきました。これまでで一番感情のこもった大会になったと思っています。

 大会は多くの人の協力と思いがあり、全員でつくり上げるものだと改めて感じました。貴重な体験ができたのではないかと思います。【佐賀清和高放送部部長 宮崎玲菜(れいな)】

このエントリーをはてなブックマークに追加