九州新幹線長崎ルートの未着工区間の整備方式を巡り、国交省が提案した複数方式での環境影響評価を「妙案」と評価したJR九州の青柳俊彦社長=福岡市のJR九州本社

 九州新幹線長崎ルートの未着工区間(新鳥栖―武雄温泉)を巡り、国土交通省が複数の整備方式に対応する環境影響評価(アセスメント)を佐賀県に提案していることに関し、JR九州の青柳俊彦社長は28日、「妙案で、佐賀県が受け入れることを望んでいる」という考えを示した。福岡市での定例会見で言及した。

 青柳氏は「じっくり議論する時間を確保でき、良い案だと思う」と評価した。その上で、佐賀県が国交省の案に同意しないことを表明していることに対し「非常に残念」とした。

 県がアセスを受け入れなければ、武雄温泉駅で新幹線と在来線特急を乗り換えるリレー(対面乗り換え)方式で2022年度に暫定開業した後、切れ目なく23年度にフル規格で着工することが事実上できなくなり、財源確保も極めて困難になるとされる。青柳氏は「暫定開業は、あくまでも暫定。最終的な西九州(長崎)ルートの完成をわれわれは強く望む」と強調した。

 与党検討委員会が整備方式について「フル規格が適当」と方針を決定してから、8月で1年が経過することに関しては「協議には入ったが、中身が伴っていないのが実態。実質的なアウトプット(成果)が出てくるよう期待している」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加