Q 個人事業主として事業をやっているのですが、新型コロナウイルスの影響で売り上げが下がっています。国の支援で100万円を受け取れると聞いたのですが、私でも受けることができるでしょうか。

 

A お尋ねの支援制度は、「持続化給付金」というもので、中小企業や個人事業主、フリーランスの方の事業継続を目的とした国の制度になります。個人事業主の方については、新型コロナの影響で売り上げが一定程度下がった場合、最大100万円が支給されます。返す必要はありません。

 この給付金を受ける条件に関して、「売り上げが去年と比べて50%以上減った」という言い方をされることがあり、一見、ハードルが高いように感じます。しかし、よくよく条件を見ると「2020年1月から12月までの1年間のいずれかの月の売り上げのうち、2019年の同月比で50%以上減少した月があること」となっています。

 ポイントは、12カ月のうちから任意のひと月を選べるという点と、ひと月分だけの比較で決まるという点です。例えば、今年の売り上げ全体でみれば20%しか下がっていなくても、特定のひと月の売り上げだけをみて昨年比50%減になっていれば、条件を満たすことになります。

 今年のある月の売り上げが平年並みだったとしても、昨年の同じ月の売り上げがたまたま高く、結果的に50%減になっている場合でも給付が否定されることにはなっていません。月によって売り上げの増減に幅があるような事業者の場合は、2020年の1年間の推移をみながら給付条件を満たす月が生じるかどうか冷静に判断することが大切になります。

 申請期間は、令和2年5月1日から令和3年1月15日までとなっています。

 申請の方法について、インターネット(電子申請)からしかできないという点も注意が必要です。国は、佐賀県内の自治体にも申請サポート会場を設置していますが、必ずしもお住まいの地域にあるとはいえません。

 ご自身での判断や手続きに不安があるという場合は、お近くの商工会や弁護士などの専門家にご相談されることをお勧めします。(神埼市 弁護士 下津浦 公)

このエントリーをはてなブックマークに追加