利用者からのお尋ねは、図書館員も勉強になるのです

 私が利用者だった頃の話です。ある本を探すため、膨大な量の本の前で右往左往していました。とうとう探し疲れて司書に尋ねると、ほんの数分で見つけ出してくれました。

 また、ある問題について調べ物をしていた時も、司書に相談すると関連資料を4、5冊即座に見繕ってくれました。その上、所蔵していない本は、他の図書館から取り寄せてくれました。

 図書館は、たくさんの本があるだけで十分魅力的な施設です。しかし、図書館員の力を借りると、さらにその価値が高まります。ネット検索と自宅配送が主流になってきた現代でも、わざわざ図書館まで足を運んでくださる皆さんとすてきな本との出会いのために、私たち図書館員は働いています。

 どうぞ気軽に声を掛けてください。(館長・鴻上哲也)

このエントリーをはてなブックマークに追加