第2シードの唐津商は七回、自慢の打線が火を噴いた。打者10人の猛攻で5点を奪い、鳥栖に逆転勝ち。勝ち越しの2点適時三塁打を放った5番杉田大河は「ストライクを積極的に振っていった結果。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加