中盤以降に打線がつながった唐津商が8―4で鳥栖に逆転勝ちした。

 唐津商は4点を追う五回、1番市丸が反撃の口火を切るソロ本塁打を放った。六回に犠飛で2点差に迫ると、七回には3番坂本勇の中前打や5番杉田の右中間三塁打など打者10人の猛攻で一挙5点を加え、逆転に成功した。

 鳥栖は4番實松の適時二塁打などでリードを奪ったが、投手陣が踏ん張りきれなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加