両チーム一歩も譲らぬ熱戦に終止符を打ったのは、力投を続けてきたエースの一振りだった。唐津西は延長十回、阿部友哉が決勝の2点適時三塁打を放った。マウンドでは145球を投げ抜き、6安打1失点。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加